検索
  • 越谷大家塾 事務局 A

建物状況調査について ー中古マンション編(その1)

みなさんこんにちは。越谷大家塾です。

今回は、中古マンションの建物状況調査(インスペクション)について、お話しします。



平成30年4月から、取引される中古物件に対して、購入予定者が希望した場合、

建物状況調査が行われることになりました。

中古マンションの場合、調査前にあらかじめ管理組合の了承を得る必要が

あるとされています。

(国土交通省から公表されている「改正宅地建物取引業法に関するQ&A」参照)


管理組合の了承が必要となる項目例を具体的に挙げます。

 ① 関係書類の提供依頼

 ② マンション内への立ち入り許可申請

 ③ 調査(立会いを含む)実施申請

  A)目視によるもの

  B)コンクリート壁面の打撃調査

 ④ 組合員・居住者への事前通知依頼


内容によっては管理組合の許可が下りるまでに、時間がかかるかもしれません。

管理会社から聞き取り調査をした上で、管理組合への申請した方が、

スムーズにいくと思います。出来るだけ日程に余裕を持った方が無難ですね。


次回は、マンションの建物状況調査の基本的情報・関係書類について書きます。

皆さんの賃貸経営にお役にたてればと思います。

・あなたも越谷大家塾のセミナーに参加してみませんか?

 次回のセミナーは

第35回 越谷大家塾【地元老舗の工務店に行ってみよう!】

 6月16日(土)15時から山下工務店さんにお邪魔して開催します。

 会場 山下工務店

    〒343-0015埼玉県越谷市花田2-25-15

    ※電車でお越しのかたは、北越谷駅から送迎します。

 セミナーの参加申込と詳細情報はこちらのリンクから。

・入会は随時受け付け中です。入会案内はこちらのリンクから。


#建物状況調査 #インスペクション #マンション管理 #越谷大家塾

43回の閲覧

Copyright (C) 2018-2019 井上大家塾 All reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now